入院について

1. リハビリテーションを目的に入院される方へ

身体機能や日常生活動作能力の改善を図り、患者様の家庭復帰・社会復帰のお手伝いをするのがリハビリテーションの役割です。病気やケガで何らかの後遺症を抱えながら、ご自宅や社会で生活していくには様々な困難が伴います。身体機能や言語能力の最大限の回復と後遺症を代償する手段を身につけることにより、社会生活を営めるようにしていくことを目標とします。回復期リハビリテーション病棟では、患者様やご家族様の生活の質を第一に考え最善のリハビリテーションサービスを提供できるよう、職員が一丸となって取り組んでまいります。

>> 各職種が連携してリハビリテーションサービスを提供 <<

看護師 患者様の健康管理のサポート、生活指導を行います。また、リハビリで練習した動作を病棟生活で行えるように援助します。
理学療法(PT) 基本動作(寝返り・起上がり・立ち上がり・歩行)の獲得を目指し、自宅や社会への復帰をサポートします。
作業療法(OT) 身体機能のみならず、精神的な機能を改善し、その人らしい生活を送れるよう援助します。日常生活動作(食事・整容・更衣・排泄・入浴)、家事動作、趣味活動、自助具作成などの内容を行います。
言語聴覚療法(ST) 失語症(話す、聴く、書く、読む障害)、発音の障害、飲み込みの障害に対する練習を行います。コミュニケーション能力の改善や安全に食事を取れるよう援助します。
医療相談員(MSW) 入院・退院の調整を行います。また、介護保険などの社会資源の紹介や調整、他の医療機関などとの調整を行い、円滑な家庭・社会復帰への援助を行います。
医師 リハビリテーションがスムーズに行えるよう、患者様の健康状態を確認し、全身状態を管理します。

2. 回復期リハビリテーション病棟について

回復期リハビリテーション病棟とは、脳血管疾患、大腿骨頚部骨折等の患者様に対して、日常生活能力の向上と家庭・社会復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・MSW等が共同で作成し、これに基づいたリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。

回復期リハビリテーション病棟へ入院する対象者は、厚生労働省が疾患などの条件や入院期間を定めており、専門の医師による判断が必要です。疾患の発症から最長で2ヵ月以内の患者様が対象となり、対象疾患ごとに決められた期間(1~2ヵ月以内)に転院が必要です。例えば脳血管疾患や脊髄損傷などは発症から2ヵ月以内の転院が必要で、最大入院期間は180日。大腿骨や骨盤などの損傷であれば、転院は発症から1ヵ月以内で最大90日の入院期間が定められています。疾患や状態により異なるので、ご注意ください。

>> 回復期リハビリテーション病棟の対象となる疾患と入院期間 <<

対象疾患発症から入院期間
脳血管障害・脊髄損傷・
クモ膜下出血のシャント術後等
脳血管疾患類似疾患
2ヶ月以内 150日
高次脳障害を伴った重症血管障害、
重度の頚髄損傷
2ヶ月以内 180日
大腿骨・骨盤・脊椎・股関節・
膝関節骨折もしくは手術後
2ヶ月以内 90日
外科術後・肺炎後の安静による
廃用症候群
2ヶ月以内 90日
大腿骨・骨盤・脊椎・股関節・
膝関節の神経・筋・靭帯損傷
1ヶ月以内 60日
股関節又は膝関節の置換術後 1ヶ月以内 90日

3. 回復期リハビリ病棟入院受け入れの流れ

STEP 1

入院希望者様がいらっしゃいましたら、まずは医療連携室へ電話連絡をお願いします。

医療連携室直通 TEL:048-796-8002

STEP 2

診療情報提供書(PDFをダウンロード)ADL表(PDFをダウンロード)、検査データ、画像データ等の患者様情報をご提出いただきます。

持参・送付・FAX FAX:048-793-2012

STEP 3

ご家族様にご来院いただき、院内見学・入院やリハビリについてご説明させていただきます。ご来院の日時は事前に医療連携室 MSW(医療ソーシャルワーカー)宛てにお電話にてご予約ください。

医療連携室直通 TEL:048-796-8002

STEP 4

院内で早急に会議を開き、受け入れが可能かどうか確認します。(受け入れを決定する過程で、こちらで必要と判断した場合、事前受診をしていただく場合がございます。)

入 院

検討の結果、受け入れ可能と決まりましたら院内確認・病棟調整をして医療連携室より入院日時等について連絡します。入院の日時を決定させていただき、ご入院となります。

※ダウンロードファイルを下記のリンクからダウンロードできます。
ファイルをダウンロードし、印刷してご記入ください。

■ 当院指定診療情報提供書

■ ADL表

4. みなさまへのお願い

リハビリの限界

脳卒中や脊椎、下肢の骨折等でリハビリテーションを行う患者様の多くが、何らかの後遺症を負う事になります。リハビリテーションを行ったからといって、元の状態まで完全に回復するケースは多くありません。なぜなら人間の体には再生できない構造部分が多くあるからです。脳卒中などの脳損傷からの機能改善期間は発症後3〜6ヶ月と言われています。効果が期待できないまま入院してリハビリを継続するよりも、残された機能で患者様がその人らしい生活をどう取り戻すかという点が重要です。当院のスタッフが患者様、ご家族様に寄り添って一緒に考えていきます。

転倒

転倒を防止する方法として、抑制帯などが使われます。しかし、当院では抑制することを最小限にし、患者様が自らの意思に基づいて行動できる機会を多く持っていただこうと考えています。スタッフ一同、十分注意しておりますが、転倒する可能性がないとは言えません。その点についてはご理解をお願い致します。

「不穏」とは何か

不穏とは行動が活発になり、落ち着きがなくなった状態をいいます。加齢などにより異なった環境に適応できないことが原因のひとつで、ご家庭では考えられないような行動を執ることがありえます。ご家族様の方々の顔や声によって患者様は安心され、落ち着きを取り戻せます。ご家族様が出来るだけ長く一緒にいられるようにご配慮をお願い致します。

不測の事態が発生した場合

感染症(インフルエンザ・ノロウィルスなど)が発生し、感染症の拡大を防ぐためにリハビリの制限および一時中止、面会制限などを行う場合があります。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。また、病院内において不測の事態が発生した場合、リハビリの制限および一時中止したことによる入院期間の延長はできません。重ねて、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

最後に

ご家族様の協力がリハビリテーションには不可欠です。退院後のことを考え、ご家族様にリハビリテーションや、日常生活の介助方法を覚えていただきたいと考えています。スタッフが行うリハビリの場面を見学し、患者様の障害やお身体の状態を理解した上で練習に参加していただければと思います。また、自宅への外出や外泊中の状態のチェック、家屋環境の調査など、自宅退院に向けて環境の調整を進めていくことも重要です。不安のない退院を迎えられるよう、当院スタッフが患者様、ご家族様と一緒に考えていきますのでご安心ください。