脳外科紹介

脳神経外科

脳神経外科では、脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血)を中心とした脳神経外科全般の治療を行っています。 脳血管疾患は、日本人の死亡原因の第4位であり、発生後に早期の確実な治療を開始することが重要になってきます。 従って、当科では脳卒中に対する治療に重点を置いており、くも膜下出血に対するクリッピング術や、脳梗塞に対しては超急性期における t-PA療法に加え、急性期におけるリハビリの開始などへも積極的に取り組んでいます。

医師紹介 野内 宏之 / 本多 良彦

▶︎ 外来担当表